港の役割

東京港は、我が国における物流の拠点港湾として、
首都圏4,000万人の生活と産業活動に欠くことができない役割を果たしています。

あしらい

東京港の特色

大都市の産業活動や住民の生活に必要な物資の流通を担う都市型商業港湾です。取扱貨物は雑貨製品類や食料品、紙類、建設資材など、都市の活動に直結する品目の比率が高いことが特徴です。

港勢圏は、人口4,000万人を擁する首都圏、信越、南東北など広大な地域に及んでいます。東京港は、それらの地域で生産、消費される貨物を国内・海外各地へ円滑に一貫輸送するための海陸の結節点として広域的輸送ターミナルの役割を果たしています。

昭和40年代の輸送革新にいち早く対応し、コンテナふ頭、フェリーふ頭、物資別専門ふ頭などを機能的に整備して、港湾の利便性を高めたことで大きく発展した港です。

各ふ頭背後の埋立地には、ふ頭機能を補完する倉庫や物流センターが立地し、また、物流の円滑化のため、幹線道路などの交通網も整備されています。

港勢※令和元年(2019年)実績
●入港船舶数
23,382隻
●取扱貨物量
8,781万トン
●取扱コンテナ個数
501万TEU
●貿 易 額
17兆3,151億円(東京税関『東京港貿易概況』より)

首都圏の産業と生活を支える国際物流拠点

昭和16年5月20日に外国貿易港として開港した東京港は、昭和40年代のコンテナ輸送革新に積極的に取り組み、日本を代表する国際貿易港に発展しました。
現在、世界の主要港とコンテナ定期航路のネットワークによって結ばれ、日本の産業社会を支える重要な国際物流拠点となっています。

物資の供給基地

東京港で取り扱っている貨物の量を入出貨別に見ると、入貨が全体の3分の2を占めています。
これは、東京港が東京をはじめ首都圏の都市活動や住民の生活に必要な物資を受け入れる重要な流通拠点となっているためです。

また、出貨貨物(特に外国への輸出貨物)はコンピュータ機器などの先端技術型の機械製品類などの割合が大きく、付加価値の高い高価額製品類の取扱の多いことが特徴となっています。

東京港の将来計画

第8次改訂港湾計画イメージパース

東京港は国際貿易港として、また、国内拠点港として、首都圏の生活と産業を支える大きな役割を担っています。
また同時に、東京港の海域や埋立地は、臨海副都心における交流拠点の形成、人々に憩いをもたらす海上公園や都市の骨格を成す交通インフラの整備など、東京のまちづくりを支える場としても多様な役割を果たしています。

しかし、国際的な産業・貿易構造の変化、我が国における急速な高齢化の進展、環境問題の深刻化など東京港を取り巻く社会経済情勢は大きく変化しており、物流サービスの向上や人びとの交流の活性化、環境との共生、安全の確保など、新たな要請に応えていくことが強く求められています。

このような情勢を背景に、平成26 年9月開催の東京都港湾審議会の議を経て、目標年次を令和一桁後半とする「東京港第8次改訂港湾計画」を策定しました。
港湾機能と物流機能が有機的に結合した魅力ある都市型港湾を目指して、物流はもとより、観光、環境、オリンピック・パラリンピック、安全・安心という視点から施策を体系化しました。

ページトップへ戻る