タグボート

大井丸

タグボートは、東京港に入出港する大型船の安全を支援しています。タグボートは貨物船に比べて、小さな船体ではありますが馬力が大きく、前後左右やその場の一回転など自由自在な動きが出来るのが特徴の船舶です。

あしらい

タグボートは、東京港に入出港する大型船の安全を支援しています。タグボートは貨物船に比べて、小さな船体ではありますが馬力が大きく、前後左右やその場の一回転など自由自在な動きが出来るのが特徴の船舶です。

船体データ

種類
タグボート
総トン数
198トン
全長
33.2m
全幅
9.4m
機関
2,000馬力×2基
定員
7名
就航
2020年
建造
金川造船株式会社
運用者
東港サービス株式会社
活動エリア
東京港

船内フォトギャラリー

※タップで写真が開きます

操舵室

事務室

エンジンルーム

乗船員インタビュー

回答者:Mさん(甲板員)

乗船員インタビュー

どうやったら「大井丸」で働けますか?
商船系の短期大学を卒業後、海技士免状を取得。その後、現在の曳船会社へ入社しました。
普段はどんなお仕事をされていますか?
東京港へ入出港する大型船はタグボートの支援なしでは安全に離着岸が難しいです。
タグボートは大型船の進路警戒、着岸時は大型船の船体を押して着岸させます。
そのタグボートの性能は小さな船体の割には馬力が大きく、また船体は前後左右、その場で1回転など自在な動きが出来ます。日々、東京港に入出港する大型船の安全を支援しています。
東京タグセンター

東京タグセンター

昭和58年に設立され、タグボート11隻が所属しております。
東京港内で働いております。